複合機はランニングコストで選ぶことが大切

家庭用のプリンターは、今や高性能で、プリンター機能の他にコピーやスキャナーなど複合機能が付いているのが当たり前で、中にはFAX機能まで付いている複合機まであり、何を選んでいいのかわからなくなってしまいます。

複合機を選ぶポイントは、汎用性があってランニングコストが安いものを選ぶことが大切です。

残念なことにインクカートリッジは、その複合機の型式に合ったものしか使えない仕様としている機種がほとんどで、機種に合ったインクカートリッジを揃えておかなければなりません。毎年のように新モデルが出ると、次第に古くなった複合機のインクカートリッジは、売り場の都合で取り扱わなくなる店が出てきます。そんな中でも、大ヒットした複合機ですと、そのインクカートリッジを取り扱うので、よく売れた複合機を選ぶことが大切です。また、複合機の中には、インクカートリッジを6色使う仕様となっている機種があり、印刷をする場合、コストがかかります。

仕上がりを求めるのであれば、インクカートリッジの種類は多ければ多いほどより鮮明になるのは間違いありません。しかし、複合機の場合は、むしろコピーやスキャナーやFAXの結果を求める場合が多く、印字の仕上がりを追及するものではありません。ランニングコストを抑えるためには、4色インクカートリッジでの印刷が、必要かつ十分な条件です。

PR|リフォームの安い見積もり